新春を祝う贅沢素材 福を招く伝統の逸品

おせち料理とは正月に食べるお祝いの料理です。漢字では「御節料理」(おせちりょうり)と書きます。
「おせち」とは本来、暦上の節句(節供)のことを指します。

English 中文

グルメサービス おせちの紹介

おせち料理は何段かの重箱に入っており、その食材や料理にはそれぞれ込められた意味があります。
以下、おせちに入っている各料理について詳しくご説明いたします。

祝い肴 壱の重

祝い肴 壱の重
数の子
数の子は卵の数が多く、またニシンは「二親」に通じ、五穀豊穣と子孫繁栄を願っていると言われています。
栗きんとん
金運を呼んでくれるという意味が込められています。黄金色に輝く財宝に例えて、豊かな一年を願う料理です。
黒豆
黒は道教において邪除けの色とされています。黒く日焼けするほど達者(マメ)に働けるようにと、長寿と健康を願ったものです。
伊勢海老
腰が曲がるまで丈夫という意味があり、長寿を願う縁起物です。海老の赤色は魔除けの色とも言われています。

祝い肴 弐の重

祝い肴 弐の重
ごぼう
たたきごぼうは瑞鳥(豊年の象徴)を表したもので、豊作と息災を願ったものです。黒色には邪を払うという意味があります。
田作り
五穀豊穣を願い、小骨を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。田作りは祝い肴3品のうちの1品です。
紅白かまぼこ
かまぼこは「日の出」を象徴する料理です。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表しています。
昆布巻き
こぶ=よろこぶ、という縁起が良い食べ物です。昆布という漢字を「子生」と書き換えることもできることから子孫繁栄の意味もあります。

祝い肴 参の重

なます
千切りにした大根とにんじんで紅白を表しています。まずで水引のように見えることから、平和を願う縁起物としておせちに入れられます。
カニ
カニは子(卵)を抱いて育てる、脱皮をして成長する、ハサミを上下に振って幸運を招くから縁起が良いとされています。
焼き魚
鰤は出世魚で、縁起が良いと言われています。サケは山と海を行き来する生態から、歳神の使いとして縁起が良いとされています。
サザエ
巻き貝には願い事が叶うといういわれがあり、サザエは縁起のいい食べ物とも言われています。

『おせち三段重「宴」』 販売中!

おせち三段重「宴」
伊勢海老や鮑、サザエ浜蒸し、有頭エビ旨煮など、たっぷりの海の幸。
ローストビーフや山椒風味ロース鴨、手羽元旨辛焼きなどのお肉も充実。
幅広い世代に楽しんで頂けるよう、心を込めて作り上げました。
4人~5人前ですので皆様で賑やかにお召し上がりください。

価格
¥ 24,840
※こちらの価格には消費税が含まれています。
※1回のご注文毎に送料800円が掛かります。

おせち三段重「宴」注文ページへ